2015年10月12日

2015/08/01〜08 北海道一人旅旅行記・その6(8/7分)撮影分1/2


8/7分は結構色々あったので2分割。
今回は余市メインとしたいと思います。

札幌
Lr-IMG_1340.jpg
いつも通りの朝早起き+チェックアウトを行い札幌駅に向かって歩く途中。
ホントは地下鉄乗って行くつもりだったんだけどなぁ....
(スケジュール的には札幌7時で全然間に合う)


ニッカウヰスキー余市蒸留所
Lr-8C4A0768.jpg

Lr-8C4A0773.jpg Lr-8C4A0778.jpg
1個目の蒸留所は街中に建てなきゃいけないルールでもあるのでしょうか(笑)
山崎と言い、余市といい、駅前すぐって立地は観光に便利だけど...


蒸留
Lr-8C4A0801.jpg

Lr-IMG_1385.jpg Lr-IMG_1388.jpg
ウィスキーと言えば蒸留ですよね、という事でスチルポット。
夏と冬は蒸留に向かないとかいう理由で蒸留所全体がお休みモードでしたorz
石炭の釜くべが見たかった...すっげー残念。


ガイドツアー移動中
Lr-8C4A0844.jpg
人大杉orz
山崎や白州の時も多かったけど、今回は過去最高でしたね...
余市はガイドツアー無しでも見学OKなので、ガイドさんの誘導も「やんわり」でした。


貯蔵
Lr-IMG_1369.jpg Lr-8C4A0856.jpg
観光用の貯蔵庫。フリー解放なだけあって「ただ樽を積んであるだけ」との事。
…ウィスキー臭がしなかったもんなぁ。残念。
ニッカは樽番号で全管理との事なので、サントリーの様な写真映えは期待出来ないですね。
(サントリーは年号入り)
暗いので手ブレが速攻出てしまう為、増感+白黒で誤魔化してみました(笑)


ウィスキー博物館
Lr-8C4A0866.jpg Lr-8C4A0902.jpg
今回のメイン、有料試飲がある場所(笑)
最初はガイドツアーで来たので、ガイドツアー終了後に来ますよ、と。
ここはいつも通り「最初のウィスキー」とかが展示されていました。
....んなものはどーでもいい、じゃなくて、本題じゃない撮影はしてます


試飲会場+土産物屋
Lr-IMG_1365.jpg Lr-8C4A0925.jpg
試飲会場は私はメインじゃない(笑)
今まで行った蒸留所の中で一番広かった+活気に溢れてた....のは気のせいですかね?
白州は有料ツアーでしか参加した事が無いので
本命がこっちじゃない、って事で真剣に銘柄をチェックしていませんでしたorz
で、土産物の方は...お手軽価格帯(1000〜6000円)のウィスキーは全売り切れでした。
おのれNHKテレビ小説!(笑)
申し訳無さ程度にアップルブランデーがあったけど....これが欲しい訳じゃない。
結果、暴走購入しちゃうわけですがorz


有料試飲
Lr-8C4A0916.jpg Lr-8C4A0869.jpg

Lr-8C4A0907.jpg Lr-8C4A0910.jpg Lr-8C4A0913.jpg
有料試飲会場ってどこの蒸留所も趣があって良いですね。
無料試飲と違って人口密度が大幅に低いのも相成って
私は「そこで飲める常識内の最高額」「そこでしか飲めない種類のもの」を飲む
ようにしていますが、今回は
 ・余市1980's
 ・余市ピーティ&ソルティ
 ・余市ウッディ&バニラ
 ・竹鶴25年
の4種類を選択。お味は1980'sがダントツ。お代わりしたいくらいでした。
その結果無理して買っちゃうんだけどね....
あと、安めのお手軽感が強い価格帯の所は売り切れてました。おのれNHK(笑)


工場内散策
Lr-8C4A0895.jpg Lr-8C4A0896.jpg

Lr-8C4A0888.jpg
工場内には竹鶴政孝&リタ関係の建物(移築)とかがあったので。
見ての通りどんどん天気が良くなっていったので喜んで。流石晴れ男


余市駅構内
Lr-IMG_1393.jpg Lr-IMG_1397.jpg
それで町おこししたいのは分かるけどさぁ....


かいたひと:葵勿みずら at 21:57 | こめんと(0) | とらば(0) | 撮影旅行(風景)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック