2016年11月14日

2016/08/28 屋久島撮影旅・旅行記(2日目その2)

縄文杉到達から。

縄文杉を10分くらい独り占めした後に(短かっ!)そのまま登山続行。
いや、山小屋ってどんなものなのか確認したくて。装備無いので宿泊しませんが
で、歩く事5分くらい。
Lr-8C4A1737.jpg Lr-8C4A1740.jpg
ふーん、これが高塚小屋ねぇ。ホントに寝る場所だけだわ...
私の様な装備だとお話になりませんね

で、付近に日光がサンサンとさしている場所があったので朝メシを取る事にしました。
Lr-IMG_2839.jpgホテルが扱っている仕出し弁当。この旅行で初めてのまともなメシでした

食後もう一回縄文杉見とくか...と戻ってみると第二位の方が到着。
うーん、あまり引き離してなかったか(笑)
天気の良いうちに再撮影。
Lr-IMG_2840.jpg
これがあと1時間も経てば大挙して押し寄せるんだろうなぁ...とか思いつつ。

帰りのバス時間を考えても余裕すぎるのですが、帰りの人の波に呑まれるのも
嫌だったので早々と縄文杉を後にする事にして帰宅の途に。
あ、この時点で2位の人が追い抜いてて1位陥落です。別に拘ってないからいいけど。

帰りは登りの人を優先しつつ、すれ違いざま話しかけられたら会話。頑張れよー、と。
行きと帰りで日光の差し具合が違うので撮影ポイントに着く度に撮影を繰り返して。
やっぱ帰りは余裕ありますね。肉体的にも精神的にも。

大株歩道(トロッコ線路分岐)までには登りチーム全員とすれ違いましたね。
時間差にして3時間くらい...頑張れ今から登る人(笑)

途中の風景こちら。
Lr-8C4A1687.jpg
「水場」と呼ばれる場所。これは縄文杉近傍のやつか?
縄文杉登山道は整備されているので水が汲みやすいように塩ビチューブで水を誘導
してあり、ペットボトルで楽々水が飲めます。
縄文杉登山道には500mlペットボトル1本あれば十分、って理由がコレですね。
帰り道にすれ違ったチームは大体水場近傍で休憩取ってましたが、私としては
長めの休憩はおススメ出来ません。(体が楽を覚えてしまうので)

Lr-8C4A1749.jpg
これオブジェじゃね?と思いたくなるくらい何かに見える物体。
よく調べてないので本当にオブジェなのかどうか知りませんが。
見れば見るほど龍の頭に見えてくる...

Lr-8C4A1765.jpg
登り客の通過待ちに撮った(と思われる)もの。この頃は日光射してていい感じ。
Lr-8C4A1766.jpg
こっちも。淡い感じがお好み。ただ単にピントが合ってないだけ?

Lr-8C4A1796.jpg
ウィルソン株をわざと角度を合わせないで撮影。こうするとダイヤか?
先客のグループが私のカメラを見て「広角レンズ?外に出た方がいい?」とか
言ってきたのにはちょっと驚いた。残念、標準レンズなので撮影範囲外です(笑)

Lr-8C4A1799.jpg
この頃になると曇ってきたので木の洞と外の緑のコントラスト差が少なめ。
まぁ登り時に撮影したものも現像で修正しちゃってますが
コンデジ撮影班はピーカンだと木の洞が映らなくなってしまうらしく。

トロッコ道に到達してからは再び爆歩。

Lr-8C4A1831.jpg
トロッコ道の途中ポツポツと橋をわたるのですが、その時に見る風景。
ホントに水が豊富ですね、屋久島。

Lr-8C4A1840.jpg
スギゴケが綺麗だったので。でもレンズ変更が面倒で24-70使ってます...

Lr-8C4A1844.jpg
トロッコ道途中。帰りは下りなので楽勝ですね。
これは振り返って撮影しています。


で、順調に降りてきましたが。バス時間まで時間が余りまくりなので
(そのまま荒川登山口に戻ると3時間以上は暇になってしまう)
茶目っ気を出して「苔むす森」に行っておこうかと。
この地図で言うと真ん中当たりの「楠川別れ」で北上、白谷雲水峡に向かうルートの
途中にある場所で、本来は白谷雲水峡のついでに行く場所なのですが。
(そちらの方が距離的にも近く行きやすい)
という事で。
Lr-8C4A1857.jpg
分岐で北上ルートを選択。
Lr-8C4A1859.jpg
そして襲い来る足場の悪い遊歩道orz
...はい、しっかり整備されているのは観光客がいっぱい来る遊歩道だけです。
トロッコ道分岐からウィルソン株までもひどかったですが、こっちもひどい。
来たのを後悔しながら歩き続けましたが終わりが見えず。程々進んだところで
天気が悪くなってきた事と疲労がヤバめになってきた事もあり引き返す事を決断。
...
いや、そのまま白谷雲水峡に抜けて帰る事も出来ます。(そういう人もいる)
ただ私は観光センターに車を停めてあるので取りに行くのが超面倒になるんですよ。
体力あるうちに戻っておいた方がいいな、と。
そもそも白谷雲水峡には翌日行く予定ですし

で、再びメインルートに戻りまして。
...5分くらいで雨が降り出しました。すげぇ俺、ついてる!(笑)
雨の中あの悪路を戻ることを考えると引き返したのは正解ですね。
という事で雨具を着込んでカメラをバッグにしまって帰宅続行。
カメラ濡らしたくないもんねー。

で、13:30(帰宅バス出発まで1時間30分)には荒川登山口到着。
寄り道したけど2位...なのかな?
Lr-IMG_2853.jpg
このトロッコを動かしてくれたらもっと楽なのに...(笑)
1時間半くらいぼーっとしてようかなぁ?とか思っていたら、5分後くらいに
到着した方(名前聞いていない)から「良かったらタクシー呼んで折半しませんか?」
と持ち掛けられたので快諾、タクシー呼んでご帰宅となりました。
(タクシーが片道4000円+αなので、4人で乗り合いすればバスと同程度になります)
途中、タクシーの運ちゃんからいろいろと裏事情聞けて面白かったです。
あ、同乗した方、東京の方だそうで。


この日はそのままレンタカーで宮之浦へ行きAコープでズボン購入(売ってました!)
帰りに日帰り温泉(屋久島空港前の縄文の宿まんてん)でよーく筋肉を揉んで終了。
飯は...Aコープで買ったカップ麺(ぉぃ

この日の移動はこちら。
屋久島2日目1.jpg
縄文杉アタックの詳細こちら。
屋久島2日目2.jpg
このマップ、縄文杉の場所違ってますね...
(撮影枚数からすると左から2番目"72"の位置が縄文杉、
"42"の位置がウィルソン株かな?)
あと、途中で折り返したやつ、もう少し根性出していたら太鼓岩に到達して
いましたね...(これは翌日のGPSデータと合わせて確認)
でもいいんです、翌日到達しましたから!(笑)
かいたひと:葵勿みずら at 22:01 | こめんと(0) | とらば(0) | 撮影旅行(風景)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック